読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくLog

子持ち、車持ち、マンション持ちの僕の日常を綴ります。車と、ラクをしたい一心で覚えたエクセルVBAを中心になりそうです。

Amazonプライム会員にならない理由がない!

Amazonプライム会員が如何に素晴らしいか?

それは、至るところで叫ばれているのを目にしていたものの、敢えて利用する必要もなさそうだなぁ、って深く考えることもなく月日が経っておりました。

で、これまた深く考えることなく、何となーく利用し始めてみたら、これが非常にめちゃくちゃ良いっ!!
ということで、Amazonプライム会員のメリットについてまとめてみたいと思います。


詳細は後述するとして、Amazonプライム会員のメリットを挙げるならばコレです。

  • プライム・ビデオが見放題。しかも見切れないほどのタイトル数がある
  • プライム・ミュージックが聞き放題。BGMが欲しい時には持ってこい
  • プライム・ナウが超便利。買い物に行く手間暇を省くことが出来て費用対効果高し
  • アマゾン謹製のfireタブレットを4,000円引きで入手可能
  • タイムセールに非会員に30分先行して参加できる


これでけの恩恵を享受できて年会費3,900円(税込)。月あたり325円ですから、牛丼一食食べるよりも、スタバでドリンク頼むよりも安いっ!


ということで、ちょっと細かく見ていきましょうか!


プライム・ビデオが充実っぷりがすごい!

充実し過ぎて、どのビデオを見るかで悩みます。

メジャーどころの海外ドラマや映画はもちろん見放題。

例えば、こういったタイトルです。


日本のドラマもしっかりカバーしています。


とはいえテレビで放送されて間もないようなドラマは流石に追加料金ナシで見ることは叶いません。

こういったものもレンタル、あるいは購入といった形でいつでも見ることが可能です。
それぞれの料金は、そのタイトルによってまちまちなので都度確認が必要です。


小さい子どもがいる身としては日本のアニメが見れるのが非常にありがたいですね。


自分が小さいときに見ていたアニメがまた見れるってのも感慨深いものがあります。


ただ、動画配信サービスはプライム・ビデオ以外にもNetflix、hulu、U-NEXT、ドコモdTVなどがあって、コンテンツの内容は結構似たり寄ったりなのも事実。
それでも差別化を図るべく各々特徴を持っており、それを簡単にまとめるとこんな感じではないでしょうか。

動画配信サービスの特徴

Netflix

  • Netflixでしか見れないドラマがあり、しかもそこらの民放ドラマより面白い
  • 月額950円

Hulu

  • 海外ドラマが充実
  • 月額933円

U-NEXT

  • 大人向けコンテンツや雑誌読み放題がある
  • 月額1,990円(うち1,000円分は動画購入・レンタル用ポイントとして使える)

dTV

  • 安くて国内ドラマが充実
  • 月額500円


プライム・ビデオで必要十分

ただ、子ども(未就学児)が居ると、どうしても動画を見るタイミングはなかなかないものです。夜見ようものなから子どもも一緒に見始めてしまうので、子どもの寝る時間に差し障りが出ちゃいますし、あるいは子どもをそっちのけにして動画を見ていようものなら嫁の冷たい目線が突き刺さってきます(汗

だから、すばらしい動画配信サービスがあってても、その良いところを堪能するような使い方はなかなか出来ません。

結局、どの動画配信サービスを使っても大差がない、ということになります。

それであれば、動画配信に留まらず様々なサービスを受けられるAmazonプライム会員が非常におトクなわけです。

子どもがいるという観点だと、プライム・ビデオもアニメなどの子ども向け動画が充実しています。取り揃えるアニメの総本数でいえば他の動画配信サービスの方が多いかもしれません。でも、アニメがいくら多くても全て見ることはまずないですよね。子どもに見せても問題ないと思えるアニメは、どの動画配信サービスでも同程度に取り揃えられているので、プライム・ビデオで十分!

しかも最近、プライム・ビデオはオリジナルコンテンツが充実し始めています。例えば、福家堂本舗やドキュメンタル(これホントオモシロイ!!)など。こうしたコンテンツがより増えていくとますますプライム・ビデオから離れられなくなってしまいますね。



プライム・ミュージックもいい。だけどさらなる発展に期待!

プライム・ミュージックAmazonプライム会員なら100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題。これまたAmazonプライム会員冥利に尽きます。

ただ、敢えて言わせてもらうともう少し楽曲が充実してくれると嬉しいかなぁ。

ぼくはAmazonプライム会員になる前からGoogle Play Music を使っているのですが、楽曲の充実度で言えばGoogle Play Music の方が上。

例えば、プライム・ミュージック の「プレイリスト」、Google Play Music では「ステーション」と言われる、あるテーマに基づいた楽曲の集まりの種類の豊富さ、それに含まれる楽曲の数、いずれにおいてもGoolge Play Music に軍配が上がります。


日用品の急な入用にも対応可能!プライム・ナウが超絶便利!!

あっ!アレがない!!

友だちや親しい人を自宅に招いた時に限って、あると思っていたものがなかったりするんですよね。

そんな時もプライム・ナウがあれば、あっという間に届けてくれます。

特別な日に限らずとも普段の生活の中でもプライム・ナウは非常に便利です。特に雨の日や寒い日、暑い日など、ちょっと外に出るのが億劫な時だったり、熱が出て身動きが取れない時にも注文すればすぐに届けてくれるので非常に心強いです。

ちょっと注意が必要なのは、注文は合計2,500円以上から出来るということ、1時間以内に届けてもらうためには890円のオプション料が必要になります。1時間に拘らなければ2時間便が無料で使えます。