ぼくLog

子持ち、車持ち、マンション持ちの僕の日常を綴ります。車と、ラクをしたい一心で覚えたエクセルVBAを中心になりそうです。

honor9いいね

ゲットしましたhonor9。

f:id:yt4u:20171111214603j:plain


選んだ色はスペースグレー。

サファイアブルーも惹かれましたが、実際使うヨメの希望です。無難がいいと。

f:id:yt4u:20171111214704j:plain

背面ガラスはホントきれい。 ケースに入れずに裸で持つ場合、他の人にはこの背面ガラスが目に入るわけですが、視線を独り占めすること間違いなしっ!(言い過ぎ

起動します。

f:id:yt4u:20171111214800j:plain

honor8と同じ立ち上がり。


そして、このあと各種設定をしていくわけですが、結局、使い勝手はどうなのよ?ですよね。

それに関しては、ぼくが使っているhonor8との比較感になりますが、









何も変わらないっ!!




そう、何も変わらないんです。 言い切ってしまうと語弊はあるのですが、ナビゲーションボタンが液晶外に移動してますしね。

ただ、使用感についてhonor8との明確な差異は認められませんでした(ぼく調べ)



つまり、honor8が既に完成されたものだったんですね。だから、進化のしようがなかった。



honor9を悪く言うつもりではありません。逆に有り難いと思いました。

世の中のスマホは、必要以上の機能を付けては価格が上がっていくという流れの中にいます。

その中において、必要にして十分な機能とスペックを兼ね備え、かつ非常にリーズナブルな価格でそれを提供してくれる。

まさにhonorシーリーズの真骨頂。



honor8を独占的に扱っていた楽天モバイルにおけるhonor9の価格は上がっていたので、honorらしさを失ってしまったのかと危惧しておりましたが、OCNがしっかりとhonorらしい価格帯で提供してくれていたのが救いです。honorのIdentittyは崩れていないと。



こんなモンを世に放ってくるhuawei。ホントにすごいです。

広告を非表示にする

honor9キターーーー

待ってましたhonor9!



ぼくは以前honor8を買ってから完全honorのトリコ(ハート


その時のエントリーはこちら

yt4u.hatenablog.com


で、honor8を使い始めて1年ちょっと経過している訳ですが、そろそろ買い替え時、、、とは全く思ってません(汗
だって、ものすごーく快適に使えてるんだもん。ぼくのhonor8。 買い替える必要性を感じません。はい。


ぼくのhonor8は依然として快適なのですが、ヨメさんのp8lite(もうかれこれ2年以上使ってます)が流石に買い替え必要でしょ、っていう状態。 ということでhonor9をどこで買うか物色開始!!




た、高い、、、


昔、ぼくがhonor8を買ったときは楽天モバイルで35,800円(発売当初段階)。


同じく楽天モバイルでhonor9を買おうとしたら53,800円('17/10/21時点)。 楽天モバイル:honor 9


2年契約とか3年契約であれば割引もありますが、とはいっても発射台が高すぎるぅー。 そもそも縛られるのがイヤなぼくには2年あるいは3年契約という選択肢はないっすよ。


次にチェックしたのはIIJmio。 ぼく、ここのSIM使ってますから。 honor8は楽天モバイル一択しかなかったのですが、honor9は販社が増えてバンザーイ、なしよ。


やっぱり、高い、、、。49,800円('17/10/21時点)。



honorシリーズってもっとお財布への優しさで出来たものではなかったんですかーーーー!!? お財布に優しいくせにスペックすごくね?!的なヤツ。


5万円アラウンドじゃ、もう少し出したらp10買えちゃうじゃん。 こりゃー、honor9は見送った方がいいかなー。



と思ったら、ありましたね丁度いい価格で販売してくれているところが。

そう、OCN モバイル ONE!33,600円('17/10/21時点)!


いやー、やっぱこれくらいの価格が許容範囲っすよねー、というどころか昔ぼくがhonor8買ったときより安く買えるじゃないかーーーい!



ということでポチりました。


使い勝手は後程ご報告いたします。


では

広告を非表示にする

宮古島の海はめちゃくちゃ綺麗!まさにシュノーケリング天国|新城海岸

宮古島2日目は新城海岸!!

宮古島1日目はシギラビーチでは運良くウミガメに遭遇と、当初の期待通りで幸先いいスタート。それが故に、ちょっとやそっとじゃ1日目の感動を上回れないよね状態。

期待値低めで新城海岸に突入です。

ここは事前にアクティビティツアーに申し込んでおきました。

お世話になったのはコチラ。

http://www2.miyako-ma.jp/sea-k-ow/

アウトリーフまでシーカヤックで漕いで行き、からのシュノーケリングです。

ビーチエントリーでシュノーケリングも楽しいですが、カヤックで少し沖に出たところのシュノーケリングも違った魅力がありますよね。

シーカヤックは、実は一年前の沖縄旅行で初体験済みだったので、慣れた身のこなしで息子と息を合わせてどんどん漕いでいきます。

こちらは昨日よシギラビーチと違って海の透明度は抜群!サンゴも健在で海に彩りを添えてくれています。

何より圧巻なのは薔薇サンゴ。 水深30m程度にあるということなので相当な距離のハズ。 でも、海の透明度と薔薇サンゴの大きさが相まって視界を覆い尽くします。

ここで、インストラクターからのナマコサービス(_;

水族館で全長20cmそこらのは見たことありますが格が違います。 ぎゅっと握れば水ばっしゃー。

普段、息子は生き物に触るのにビビりまくりなのに迷うことなく撫で撫で。

環境がそうさせるのか普段やらないことをでも好奇心が勝ってやってしまう。これも旅行の醍醐味ですね。

2回の休憩を挟みつつも2時間シュノーケリングやり続けました。

気づいたら軽く船酔い状態。

シュノーケリングに夢中で気づいていませんでしたが、ずっと海面で揺られていますので、そりゃ酔ってきますよね。

帰りもカヤックを息子と力を合わせて漕いで砂浜へ。

シュノーケリング中はインストラクターの方がずっと息子の近くにいてくれました。お陰でぼくも思いっきりシュノーケリングを楽しめました。

また宮古島に来たときは、またここにお世話になりたいと思います。

宮古島の海はめちゃくちゃ綺麗!まさにシュノーケリング天国|シギラビーチ

f:id:yt4u:20170719225903j:plain

行ってきました宮古島。ぼく人生初の宮古島です。

もうね、海がめちゃくちゃ綺麗。

子どもと一緒にシュノーケリングするぞ!って宮古に行ったわけですけど、ほ~んと、ひたすらシュノーケリング三昧でした。
アッチのビーチに行ってはシュノーケリング、コッチのビーチに行ってはシュノーケリング。我ながらよく飽きずにそんなにやっていられるな、ってくらいシュノーケリングをやりましたよ、ハイ。


ということで、シュノーケリングをした宮古島のビーチを紹介していきます。


シギラビーチでウミガメに遭遇!

まず最初に行ったのがシギラビーチ。

だって、今回はちょっと奮発してシギラベイサイドスイート アラマンダに泊まったんだもん。


シギラビーチの醍醐味はなんと言ってもウミガメ!
宮古島周辺の海域はウミガメの生息地だということで、各所でウミガメに出会えるらしいです。

その中でシギラビーチは、サンゴで囲まれたインリーフ。波も穏やかな中で、近くでウミガメに逢えるのが魅力です。

ウミガメに遭うアクティビティツアーも複数の業者が扱っています。


そんなツアーに参加しなくてもウミガメに遭えることを期待してLet’s シュノーケリング

足がつかない海に少しビビリ気味の6歳の息子の手を引いて、あちこち探し回りました。


まぁ、なかなか見つかりません。ウミガメ。

でも時々、ウミガメがいると自然とそこに人だかりが出来るんですよね。

なので、そこを目指して泳いでいくと、、、

いましたっ!ウミガメ!!

f:id:yt4u:20170726213318j:plain


この時ばかりはビビリ息子も我を忘れてウミガメに大興奮。
ウミガメの横に並んでみたり、後ろからついて行ってみたりと夢中で海の中を泳ぎまくってました。


シギラビーチは、子どもと一緒にウミガメと泳ぐのを目的として行ったわけですが、宮古島初日から幸先よく目的達成です。
遭遇できなかったらツアーに参加するつもりでいましたが、わりとあっさり出会えちゃいましたね。


ただちょっと残念だったのが2つ。

ひとつが、サンゴの死滅している割合が多かったこと。
これは1年前の2016年夏に台風が少なく、海水温が上がり過ぎてサンゴに大きなダメージになったためですが、やっぱり1年では簡単にサンゴは復活できないものですね。


もうひとつが海の濁り。
宮古島は海が綺麗だという評判を聞いていたのでクリアブルーな海を期待していたのですが、先のウミガメの写真のとおり濁り気味。

後日聞いたところでは、ちょうどその日は大潮。そしてシギラビーチに行ったのは干潮時。かつ宮古島の南に位置するシギラビーチに海洋から南風が吹いてくる。
このタイミングではシギラビーチは結構濁るらしいです。

旅程を考える際に、さすがに潮汐、風向きまでは思いが至りませんでしたよ。

潮汐に関しては別エントリーでも触れたいと思いますが、他のビーチに行った際も考慮すべき事項として強く認識させられましたので、次回の宮古島旅行では潮汐にも気を配りたいと思います。

ルルドプレミアム マッサージクッション ダブルもみVW が最高に気持ちいいらしい

f:id:yt4u:20170525222545j:plain

気持ちいいらしいというのは、ぼくはこれを使っていないからです。
使っているのはヨメで、気持ちいいというのはヨメの感想なんです。ハイ。

如何せんぼくはマッサージなるものが非常に苦手。
くすぐったくなることはあっても気持ちよくなることはありません。
凝りとかいう類のものとは無縁なんです。いいでしょ。



そんな中、このマッサージクッションを買うきっかけとなったのは「母の日」。

ぼくは「母の日」の存在をすっかり忘れていたのですが、5歳の息子が「母の日だからお母さんに何か買ってあげようよ」と言うじゃありませんか。
それまで自分からそんなことを言い出すことなんてなかった息子からの突然の提案に、子ども成長を感じざるを得ませんでした。
それはそれはぼくの瞳には涙が浮かんでいたことでしょう。


早速、ヨメには「子どもと公園で遊んでくる~」と言って、息子と一緒にプレゼント探しにGO!

そしたら立ち寄ったFrancfrancにあったんですね。このマッサージクッションが。



目に入った瞬間「これだ!」と思ったわけです。
ヨメは日ごろから「腰が痛い」だの「首が凝った」だの「凝りが目に来た頭痛がしてきた」とぼくには耳タコ状態。
さすがにマッサージチェアを置くようなスペースはぼくのおうちにはありませんが、クッションならNP・・・No Problem。

そう思って、ぼくはマッサージ苦手ながらも、店頭でとりあえずマッサージクッションを腰に当ててみる。
そしたら結構グリグリくるじゃありませんか。
マッサージ苦手のぼくにも「なんか効きそ~」と思わせる力、ありました。

息子の提案から始まったプレゼント探しだったので、もう少し子ども目線のプレゼントの方がいいかな~とは思いつつ、息子に「これどう?お母さん、いつも”腰痛い”って言ってるから喜ぶと思うよ」と問うと息子も完全同意。
どうやら息子にもヨメの「腰痛い~」が耳タコだった模様。
当初の想定よりも多少値が張るものになってしまいましたが、息子の初提案から始まったプレゼント探しに気をよくしていたぼくは一念発起してお買い上げ~。


おうちに持ち帰って早速、息子経由でヨメにマッサージクッションをプレゼント。

ヨメは喜んですぐにお試しでマッサージスタート。
お試し・・・のはずが、あまりの気持ちよさにクッションから離れられないと言い始める始末。
どうやら相当気に入ってくれたらしい。


ということで、マッサージクッションを手に入れたヨメは大満足。
お母さんにプレゼントできた息子も大満足。
ふたりを見たぼくも大満足、と久々にいい買い物ができました。